このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

あなたはこんな経験はありませんか?

  • 習ったとおりにコーチングをやったのに、契約を切られた。
  • コンサルの価値をわかってもらえず、従来の顧問料内で"タダで"やってほしいと言われる。
  • 雑談とコンサルの境目がわからず、結局 無料で提供することになってしまう。やってもやってもお金にならない。
  • コーチングをしても、社長のお困りごとがわからない。
  • コンサル契約が長続きせず、解約されてしまう。なので、新規を追いかけるのに一苦労。
  • 準備と終了後のまとめに時間がかかりすぎて、1件終わると疲れ切る!ビジネスとして拡大できるのか疑問。
  • 「社長のナンバー2」とよく言うんだけど、正直どう寄り添ったらいいのかわからない。
  • 社長の本音がよくわからない/聴いたことがない/聞き出し方の想像がつかない。
  • コンサルの価値をわかってもらえず、従来の顧問料内で"タダで"やってほしいと言われる。

コンサルタントに対する大きな誤解と幻想

コンサルタントは、会社の業績に貢献する人である。確かにその通り。

コンサルは、クライアントの業界に精通して、その分野でベストで最新の解決策(答え)を提供すべきであると考える方もいらっしゃるかもしれません。

コンサルタントには、特定の業界に特化していたり専門分野を持つ“専門型コンサルタント”と、そういった縛りを持たないコンサルタントがいます。

前者は、クライアントの業界や他社の成功事例、そして最新のマーケティング理論を学び、「答え」を教える必要があります。
だから、調べる時間が取られ、1件のコンサルティングだけで疲弊してしまいます。
結果、たくさんの社長さんを助けられず、コンサルビジネスとしても成立していません。

業界や分野に縛られないコンサルタントの場合、請け負うクライアントは多種多様でも、準備や事後処理にさほどの時間を取られません。
なので、多くのクライアントを救うことができます。

ちなみに、「聴くプロ」コンサルタントである濱田は、コンサルティング以外の準備と事後処理は、平均15分。しかも、継続と紹介が絶えません。

この違いは、いったいどこにあるのでしょうか。

「思考の整理」の時間を提供するのが、コンサルタントの真の役割!

特定の業界や専門分野に縛られないコンサルタントは、社長から最も信頼される立場で、社長の思考整理の時間を確保するのを助ける人になる。

これが、当社の考え方です。

社長がコンサルタントに求めているのは「答え」ではありません。
求めているのは「一緒に考えてくれる」人!
そのための時間を提供してくれる人を求めています。

コンサル自身が疲弊せず、社長から信頼をされて、なおかつ、継続・紹介が続く!そのために、必要なのが、今回ご紹介する「聴くプロ」コンサルタントの 3つの力なのです。

社長の心の悩みを知ってますか?

コンサルタントの仕事は、社外のNO.2として、社長が考える時間を作ること。
考えて、答えを出して、行動をするのはあくまで社長。
社長が考える時間、いわゆる“クオリティ・タイム”を作ることがコンサルタントの役目です。

そのために必要なのが“聴く力”。
社長の本音を引き出し、社長が自ら考え答えを出し行動する、そのサポートができる“聴くプロ”こそが求められています。

◆社長は、コンサルタントを心から信頼して本音の悩みを語ってくれている。
◆コンサルとして、社長が何に悩んでいるかをわかっている。

あなたは自信を持ってこの問いに「YES」と言えるでしょうか?

長期で高額のコンサルをビジネスとして進めていきたい!
もしあなたがそう思っているのであれば、社長の本音の悩みに寄り添うことが不可欠。

どんな素晴らしい解決策も、本当の悩みを聴き出せていなければ、カレーが食べたくて仕方ない人にハンバーグを強要するようなもの。

「それを求めているんじゃない」と社長に思われ、契約の解除という結末が待っています。

あなたは「聴くプロ」になれていますか?

社長が何を目指しているのか
何が引っかかっていて行動できないのか?
本人も気づいていない問題はなにか?
社長の本音は?

社長の真のパートナーになるには、社長本人以上に把握する必要があります。

しかしコンサルタントは、社長と毎日同じ時間を過ごせるわけではありません。
月に1回という限られた時間の中で、社長の真の声を聴き取らないといけないのです。

だからコンサルタントには、「聴く力」が必須なのです。
しかも、巷で言われるような“傾聴”ではなく、社長の心の声を聞き出せるくらいの高いレベルの“聴く力”が必要です。

高額・長期の契約で、社長の真のパートナーとなるためには“聴くプロ”になることが必要なのです。

本物の信頼関係を築くには?

「高いレベルの聴く力」というのは、内容がロジカルに理解ができれば十分というわけではありません。それは単なる入り口です。

社長の置かれている背景を想像し、基本の心の仕組みが理解できて、表面の言葉に振り回されない聴き方

これができれば、聴くプロとして、真のパートナーとして扱ってもらえるようになります。

そのためには、本物の知識やルール、そして繰り返しのトレーニングが必要です。


小手先のテクニックや、こう言えば人が動くというたぐいの表層的な心理学などをいくら得ても、社長の真のパートナーになることはできません。


しかし、本物の知識やルール、そして繰り返しのトレーニングをするには、これまで膨大な時間がかかりました

何年もかけて、傾聴のトレーニングをする。師匠について継続的に学ぶ。忙しいコンサルタントの方に、そこまでどっぷり学ぶことはできるでしょうか?

コストはいくらかかるでしょうか。100万?200万?その間本業はどうするの?となりますよね。

時間もお金もミニマムで学びたい!

それが忙しいコンサルタントのみなさんの本音ではないかと思います。

短期間で“聴くプロ”になる方法

はじめまして。
上田誠司と申します。

研修コンテンツの開発を長年やってきと同時に、研修講師として15年活動してきました。また、研修開発のプロフェッショナルとして、あの神田昌典さんの会社で新規事業創出を行ってきました。

そして現在は、“聴くプロ”である濱田とともに、「マインドワーク」メソッドを広めるための会社の共同代表を務めています。


これまで、数多くの研修会社のカリキュラムやコンテンツを見てきました。その中には上場している研修会社も多数ありましたし、神田昌典氏の会社に携わり、たくさんの一流のコンテンツを見てきました。
そんな経験を持つ私ですが、マインドワークメソッドに出会って衝撃を受けました。

これまで出会ったどのメソッドやコンテンツと比べても、圧倒的に実践的で、そして真の意味でクライアントの役に立つ。

そんなメソッドだと感じ、気がつけばビジネスパートナーとして合弁会社を作っていました。

この「マインドワーク」メソッドを身につければ、社長に真に信頼されるパートナーとして、真のコンサルタントとして活躍できると確信を持って言えます。

30,000人の実績をもとに作られた、クライアントの真のパートナーになるためのメソッド

マインドワーク®とはなにか。

聴くプロが10年以上の実績と30000人を超える受講生を輩出してきた実績を基に、心理のプロが多数集まり監修を繰り返した結果生まれた

最小限で最大の結果が出せる究極のトレーニングメソッド

なんです。

この万能の問いと「テンプレート」を使えるようにしてテンプレートとして作り込みました。
これがあれば、専門分野や特的業界の知識がなくても、顧客に真のパートナーとして選ばれ、貴方のコンサルタントとしてのステージが一つ上がるでしょう。

「聴くプロ」のためのコンサル運営術

マインドワークを習得することで貴方は、顧客の真のパートナーとして選ばれるステージに大きく近づくことになります。
そしてもう一つ、貴方が手に入れられるものがあります。

それは「時間」です。

聴くプロとしてのスキルを身に着けたとしても、これまでのように準備やフォローに多くの時間を使うままでいると、疲弊していいパフォーマンスを発揮することはできませんし、時間単価も下がり、ビジネス全体の質が下がります。

事前の準備、そして事後のフォローにかける時間・労力を最小化することで、クライアントの成果によりフォーカスし、より信頼されるパートナーに近づけます。

マインドワークBasicでは、そのためのノウハウもパッケージにして提供します。

3つの力を同時に手に入れることによって、理想のコンサルタントになることができます

「聴くプロ」の力は、心理のプロが議論を重ね、10年かけて育ててきたマインドワーク®を使い、

社長の思考時間を作る力は、12年にわたり濱田が実際に使ってきた万能の問いと「テンプレート」を活用し、

運営術では、前後の準備や終了後の手続きを減らし、安心して次の案件に進め、しかも紹介をもらいやすくなる「高時間単価を生み出す力」としてお伝えしていきます。

講座修了後に目指すコンサルタント像

「聴くプロ」コンサルタント養成講座
3つの特徴

《特長1》「聴くプロ」になるための基礎心理トレーニング
膨大な心理学の中から、最低限知っておくべき心理知識を厳選しコンパクトに解説。「信頼」や「安全安心の場」という基礎部分から説き起こします。ともかく繰り返す3人ワークで、傾聴力をつける。「話し手」「聞き手」「オブザーブ」の3役を順番に担当しながら、10回以上繰り返されるトレーニング。設計されているステップで、徐々に難易度が上がっていきます。
《特長2》社長の「思考時間」を作る問いとテンプレート活用
適切な問いが、思考を深め、コンサルに話すことで、社長頭が整理される。コンサルティングの価値を生み出すテンプレートの使い方を解説していきます。明日から使えます。
《特長3》コンサルと社長のWin-Winを生み出す運営術
なぜ、たくさんの案件を受けられるのか?それは時間の使い方にありました。事前と事後の時間を短くし、集中してクライアントに向き合うためのコツをお伝えします。さら、ここまでやるか「○○義務」で顧客の信頼を勝ち取り、紹介につなげる心理のプロならではのヒントをお伝えします。
《特長3》コンサルと社長のWin-Winを生み出す運営術
なぜ、たくさんの案件を受けられるのか?それは時間の使い方にありました。事前と事後の時間を短くし、集中してクライアントに向き合うためのコツをお伝えします。さら、ここまでやるか「○○義務」で顧客の信頼を勝ち取り、紹介につなげる心理のプロならではのヒントをお伝えします。

講座に先駆けて、説明会を開催いたします

《参加者特典》

12年間の社長コンサルで作り上げた
珠玉のコンサル用「テンプレート」から3枚を抜粋してプレゼント!

《特典1》
思考時間の必要性をクライアントに理解いただくためのミニテキスト
「ビジネスを成長・発展させるための思考整理ワーク」
※このまま「聴く力」コンサルタントの営業ツールになります!
《特典2》
「意思の力」という心理学の分野から生まれた
「目標 一点集中シート」
※あれもこれもと考えがちな、アイデア豊かな社長に最適です。
《特典3》
同調圧力を避けて本音を引き出す
「社長直通便」設計マニュアル
※役員や社員が意見を言わない/声が届かないとお嘆きの社長に
《特典3》
同調圧力を避けて本音を引き出す
「社長直通便」設計マニュアル
※役員や社員が意見を言わない/声が届かないとお嘆きの社長に

マインドワーク®受講者の声

言語化して明確化することが非常に重要だと感じました
清水かおり 様
キャリアコンサルタント

(自分の思いや、やるべきことを)言語化して明確化することが非常に重要だなと改めて感じました。
普段から頭の中では考えているのですが、いざそれを書き出してみる、そしてみなさんとシェアする、口に出してみることで、自分自身に落とし込むという経験ができました。
あと、(違う業種の方との交流は)いつも自分と同じ業種の方とばかりいると見えてこないこと、参考になることがたくさんありました。
みなさんとワークをする、シェアすることの大切さもすごく実感しました。
VOICE

学んだことは『思い込みを書き換える視点』
加治木絵麻 様
ウエディングプランナー歴20年/2015年ウエディングプランナーのコンテスト グランプリ受賞

マインドワークを学ぶことで、なぜできないのかの原因探しばかりをするのではなく、どのようにしたら出来るのかという向き合い方があることを知りました。
そして、答えはしっかりと自分や相手の中にあるということにも気づきます。
自分の力で前に進むことを信じられるようになり、ストレスを溜め込まなくなりました。

理論を学ぶこと、ワークを繰り返すこと、他者の視点を俯瞰的に見ることにより、自然と書き換え力がアップしていくのを実感しています。
VOICE

誰かの為に学ぼうと思ったのに、自分のキャリア形成の悩みを解決する為でもありました
藤井美智代 様
ナチュラルハッピーマインド/幸せな介護士の育て方コーチ

コーチとしてたくさんの方とお話しする中で、目標を持つ事が出来る人って意外と少ないな・・・と感じ、モヤモヤしている時に、マインドワークに出会いました。
初めは誰かの為に学ぼうと思っていたのに、「実は、私自身のキャリア形成での悩みを解決する為も学んでるんだ」と大切な事に気づくことができました。自分と同じようにキャリア形成を考え、悩んだり、モヤモヤしたりしながら、どうしたらいいかわからない。でも何とかそこから抜け出してより良い自分でワクワクした人生を送りたいと思っている人たちに、伝えて広げていくことができれば最幸だなと思っています。
VOICE

クロージングは殆どすることなく契約につながっています
会社員
金融機関法人営業 社長と社員のミカタ、人材育成パートナー

私も昨年受講してみて本業の営業活動での社長との面談内容が濃くなりました。結果、クロージングは殆どすることなく契約につながっています。

実際に受講してみると、心理学に基づいたワークを通して、日々のありふれた行動の中での心のつまずきを解決していくノウハウを短時間で得る事が出来ました。このノウハウを日々の生活の中で使う事で自分自身が楽になり、そのことが家族や友人、職場の人間関係にも良い影響を及ぼしています。単なる学びではなく、グループワークでトレーニングしていくので、人それぞれの感じ方の違いが分かり、たくさんの気づきを得ることが出来ました。又、頭の中をPCに例えて容量を少なくするトレーニングでは、頭がサクサク動いて行動力がアップする体験もしました。
シンプルですが強力なメソッドと感じています。そして何よりもこのお二人だからこその味のある講座は最強です。
VOICE

学んだことは『思い込みを書き換える視点』
加治木絵麻 様
ウエディングプランナー歴20年/2015年ウエディングプランナーのコンテスト グランプリ受賞

マインドワークを学ぶことで、なぜできないのかの原因探しばかりをするのではなく、どのようにしたら出来るのかという向き合い方があることを知りました。
そして、答えはしっかりと自分や相手の中にあるということにも気づきます。
自分の力で前に進むことを信じられるようになり、ストレスを溜め込まなくなりました。

理論を学ぶこと、ワークを繰り返すこと、他者の視点を俯瞰的に見ることにより、自然と書き換え力がアップしていくのを実感しています。
VOICE

推薦者

近藤学 様

税理士
こがねむしクラブ代表
同志社大学商学部卒
京都の商店街で生まれ育ち、実家の倒産を経験した経験から、 税理士を中小企業繁栄のインフラとすべきとの信念を持ち、プログラミングを独学し現場での経験を取り入れて開発した資金繰り表等のソフトウエアを多数開発。2015年に税理士に向けてオンラインの会員制でソフトの提供を始める。現在会員数230名 ITベンチャー企業の創業メンバー、海外の有名コンサルタントの書籍を翻訳し公認コンサルタントとして日本への普及活動など税理士の枠を越えた活動も行ってきた。 会計・資金繰りに関する著書4冊をダイヤモンド社などから出版している。

◆受講して何が得られましたか?
きちんとした心理学の知見に基づいた、傾聴技術や感情の分解、安全なイメージトレーニングなどをコンパクトに学ぶことができた

◆これがどんな人に役立つと思いますか?
士業でヒアリング型のコンサルティングやコーチングを学ぼうとしている人は、それらの理論的な裏付けを知ることができ迷いがなくなると思います。
すぐにつかえるコンサルティングシートも手に入れることができます。

ふじわら キミコ 様

有限会社ラビッツ・コーコ 代表取締役
方眼ノートトレーナー
キャッシュフローコーチ®
理念実現パートナー®
EAPメンタルヘルスカウンセラー
大手クレジットカード会社で店舗事務指導、新入社員研修。
ベンチャー企業で営業、経理、総務全般を経験ののち
有限会社ラビッツ・コーコを創業。モニター調査を主業務として27年。

小さい頃の体験から生きづらかった日々、人との出逢いと学びを通して、生きていきやすくなったことの経験から、家庭にも企業にも「助けて」と言える信頼できる第三者の存在が必要だと感じ、笑顔で生きていきやすい環境づくりサポーター「ラビッツ村」を立ち上げる。
自分加速化講座「ありのままの自分を生きる5つの力」をリリース。

◆受講して何が得られましたか?
臨床心理士監修のきちんとした心理学に戻づいたコミュニケーション力が学べました。
自分の感情に向き合い分解することで、相手に不快な想いをさせずに、気持ち良いコミュニケーションができるワークがあり、日々の訓練もできるようになりました。

◆これがどんな人に役立つと思いますか?
全ての人に役立つと思います。
例えば、人に接する仕事をする方、経営者でいつも頭の中がグルグルしている方。
なによりも、より若い世代の方で社会人のなる前に、このコミュニケーション力を身につけていることで、社会にでてからのコミュニケーションに悩まずにスムーズでイキイキとした社会人生活が送れることと確信します。

ふじわら キミコ 様

有限会社ラビッツ・コーコ 代表取締役
方眼ノートトレーナー
キャッシュフローコーチ®
理念実現パートナー®
EAPメンタルヘルスカウンセラー
大手クレジットカード会社で店舗事務指導、新入社員研修。
ベンチャー企業で営業、経理、総務全般を経験ののち
有限会社ラビッツ・コーコを創業。モニター調査を主業務として27年。

小さい頃の体験から生きづらかった日々、人との出逢いと学びを通して、生きていきやすくなったことの経験から、家庭にも企業にも「助けて」と言える信頼できる第三者の存在が必要だと感じ、笑顔で生きていきやすい環境づくりサポーター「ラビッツ村」を立ち上げる。
自分加速化講座「ありのままの自分を生きる5つの力」をリリース。

◆受講して何が得られましたか?
臨床心理士監修のきちんとした心理学に戻づいたコミュニケーション力が学べました。
自分の感情に向き合い分解することで、相手に不快な想いをさせずに、気持ち良いコミュニケーションができるワークがあり、日々の訓練もできるようになりました。

◆これがどんな人に役立つと思いますか?
全ての人に役立つと思います。
例えば、人に接する仕事をする方、経営者でいつも頭の中がグルグルしている方。
なによりも、より若い世代の方で社会人のなる前に、このコミュニケーション力を身につけていることで、社会にでてからのコミュニケーションに悩まずにスムーズでイキイキとした社会人生活が送れることと確信します。

講師紹介

Seiji Ueda

講師 上田誠司

・合同会社マインドワークBIZラーニング COO
・株式会社エクセル教育研究所 代表取締役

3年間 神田昌典氏のアルマクリエイション 経営戦略室に所属し、事業アイデアが湧き出し続ける神田氏のもと、アイデアの初期段階の情報を一緒に整理し、図にまとめ、数字に直し、ビジネスモデルを組み立て続けた。その件数は3年間で、15件以上。結果として、神田氏の行動スピードが大幅に上がり、また、柱となる事業1つをともに作り上げた。退社後も、スポットでのビジネス構築の支援や、コラボセミナーを開催するなど、ビジネス関係が続いている。

15年以上の講師経験を持つベテラン研修講師。大企業を中心に、マネージャー向けの財務諸表研修や、マインドマップの研修・アイデア発想研修を企業にて多数実施。ロジカルシンキング、仮説思考研修、問題解決研修などの思考研修をわかりやすく、知識習得よりも、グループでのディスカッションからの気づきを軸にした持ち帰り感のある研修を得意とする。
研修コンテンツの開発も得意としており、マインドワーク®のビジネスコンテンツ開発で2018年に濱田と出会い意気投合。2020年7月 マインドワーク®のビジネス分野に提供することを目的に研修会社 合同会社マインドワークBIZラーニングをマインドワーク協会との合弁会社として設立。以降、普及に努めている。
Kyoko Hamada
コンテンツ開発者 濱田恭子
・一般社団法人日本マインドワーク協会 代表理事
・合同会社マインドワーク®BIZラーニング CEO
・キャッシュフローコーチ養成塾 京都5期卒業生

20年以上の経営者向けの一般コンサルタントとして活動。次の世代のすべての人に、心理の基礎知識をお届けしたいという思いで、マインドワーク®を広めてきた。営業活動というよりも、口コミだけで広げてきた。それを支えてきた、「信頼を生み出す安全安心の場づくり」「傾聴の基本スキル」「書き出し残す仕組み」には定評がある。コンサルタントと並行して、コミュニケーション関連の研修講師の経験も長く、その経験と心理学の学びを用いて、15年ほど前に「マインドワーク®」という基礎心理技術に関する研修カリキュラムの作成に着手。複数の臨床心理士の監修を受け、マインドワーク®関連講座の受講生は、延べ3万人を超える人気講座となった。自ら伝えることに加え、フォーカライザーと呼ばれる研修講師の育成にも尽力し、これまでに80名以上のフォーカライザーを育成し、全国でマインドワーク®を広めている。

「聴くプロ」コンサルタント養成講座 説明会

説明会へのお申込は、こちらからお願いいたします。
3/5(土) 10:00~12:00 満席御礼
3/15(火) 19:30~21:00 満席御礼
3/17(木) 19:30~21:00 満席御礼
3/23(水) 19:30~21:00 満席御礼
3/25(金) 19:30~21:00 満席御礼
4/4(月) 18:00~19:30 満員御礼
4/15(金) 18:00~19:30 満員御礼
4/22(金) 18:00~19:30 満員御礼
4/27(水) 18:00~19:30 満員御礼

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
説明会に申込む
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

合同会社マインドワークBIZラーニング

〒181-0011 東京都三鷹市井口四丁目5-35-506
090-5649-9707 上田